Thank you for your kindness まぁ・・・ね

まぁ・・・ね

埼玉で少年犯罪。
川崎のアレを彷彿とさせる事件。

罪の意識の欠如、痛みを知らない、そういった感想が
まずもって頭に浮かぶ少年犯罪なわけだが、
事件の裏側にあるものを知ることが重要だと思われる。

犯人は何故そういった行動に出たのか。

現段階での事実から、
加害者側は2名以上の複数名であったと想定されるが、
裸にさせて川を泳がせて楽しむことが目的であったとは
到底考えづらい。
カミソン君(川崎)の時もそうであったように、
彼らは彼らなりの理由があったのではないかと。

身に覚えがあることとして、誰かがやってる場面、
その対象と周りとの関係性、そして(理不尽であっても)相応の理由。
そういったことから、加害者の立場に立ってしまうと、
人数が多ければ多いほど罪の意識が希薄になる。

同級生のじゃれ合いに近い事象をたまたま見かけ、
突然一方が逃げ出したので、何故か俺が真っ先に追いかけ、
顔面中央にひざ蹴りを喰らわせたことがあった。
翌日、おそらくは折れてたのだろう。まぁちょっと酷かった。
先輩に見つかり、その後ボコボコにされたわけだが、
流石に反省した。何故そういう行動に走ったか。
正直なところ、雰囲気と当事者の関係性(力関係)くらいしか、
理由が無い。それをするだけの正当な理由は無いに等しい。

今こうやって色んなことが明るみに出て、
マスコミが盛りつけ、世論を焚きつけて報道するため、
少年法のあり方まで話題になるわけだが、
そもそも、そんなもんは程度の低い(軽い)喧嘩とか、
例えば先生や先輩にぶん殴られて痛みを知り、善悪を知るとか、
そういうことが積み重なって学んでいくものだと思う。
法律(抑止力)以前の話や。

しかし、そういう「痛みを知る」場が少なくなってきているのも事実。
殴ればいいってもんじゃないが、
殴ったほうがいいことだってある。俺はそう思う。

まだまだ報道されていない部分が大きい事件。
何故16歳無職なのか、
何故下半身が埋まった状態だったのか。

そして全容が見えた時、我々が教訓とすべきことはなんなのか。

他人事じゃない、我が身にも降りかかることとして、
学ぶべきところは学ぶべきだ。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
こよみ
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール

ベリィさん

Author:ベリィさん
RO内通称:ベリィ / RO歴:β2から

猫の時計

by Animal Clock
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
鑑定

ブログパーツ

価格

サイト売買のサイトストック

PC検討用リンクⅠ
旅行関連